投資について私が知っている二、三の事柄最新の記事

乳酸菌のアレルギー抑制効果

 

乳酸菌はアレルギー症状を抑制するといわれますが、いったいどのようなしくみになっているのでしょうか?

 

アレルギーには、アトピー性皮膚炎や花粉症、鼻炎や食物アレルギー、ぜんそくなどがありますが、いずれも免疫バランスの乱れから生じていると考えられています。免疫バランスは腸内環境から整えることが大切です→腸内環境を改善する簡単な方法

 

もちろんアレルギーは複雑な要因で引き起こされるもので、遺伝や環境的な問題など様々な要素が関係していますから単純に考えることはできません。

 

それでもアレルギー症状が起きているときには、免疫細胞である「Th2」の作用により「IgE抗体」と呼ばれるものが過剰につくりだされているということがはっきりと分かっています。

 

乳酸菌には、このTh2の過剰な働きを抑制するものがあります。その結果、アレルギー症状も抑えられていくというわけです。

 

しかし、Th2の働きが抑制されすぎて、人体に有害なものまで反応しなくなっては、かえって害となります。

 

薬品などを長期的に使用すると副作用としてそのような害がおきる可能性がありますが、乳酸菌については体の免疫機能を正常に戻すものですから、有害なものにはきちんと反応するようになっていくのです。これが薬を使用することとの大きな違いです。

 

アレルギーが抑制できたからといって、他の病気にかかってしまってはあまり意味がないですから、やはり体全体のことを考えて対策していくことが大切だと思います。

投資について私が知っている二、三の事柄について


コスプレ衣装リアップ 女性用ホイール塗装